So-net無料ブログ作成
検索選択

【実録】エポスカード 念願のゴールドにレベルアップ! [クレジットカード]

eposg.jpg

エポスカードというクレジットカードを保有しています。マルイグループが発行しているクレジットカードです。国際ブランドはVISAのみです。細かい話はとりあえず省略しますが、かなりユニークでお得なカードです。当然ですがマルイで買い物すると更にお得な仕組みがあります。

・還元率:0.5%
・会費:0円
ポイント:エポスポイント(有効期限2年間)
・優待:いろいろ優秀(先日はロイヤルホストで10%オフ優待を利用しました)

クレジットカードでマイルを集める場合、還元率1%以上が目安と考えて差し支えありません。私がメインで使っているANA VISA ゴールドカードは基本的に還元率1%で、そのままANAマイルに交換可能です。
例えば、10,000円カード決済すると三井住友カードのポイントであるワールドポイントが10獲得でき、10ワールドポイントが100マイルに交換されます。100÷10,000=1%ということです。

エポスカードは、還元率0.5%です。しかも、クレジット決済した金額の0.5%分のエポスポイントで、エポスポイントをANAマイルに交換すると1エポスポイントが0.5マイルというレートになります。
例えばエポスカードで10,000円の買物をすると、10,000×0.5%=50エポスポイントが獲得でき、これをANAマイルにすると25マイルになります。

10,000円から25マイル。先ほどのANA VISA ゴールドカードの場合は10,000円が100マイル。ANAマイルを貯める場合は、エポスカードよりもANA VISA ゴールドカードが圧倒的に有利なわけです。

では、なぜせっせとエポスカードを使っているかといいますと、エポスカードをエポスゴールドカードに成長させたいからです。

エポスゴールドカードとは何ぞや?特徴を箇条書きにします。
・還元率:0.5%
・会費:5,000円
・ポイント:エポスカード(有効期限なし)
・優待:通常エポスカードよりも更に充実

・・・通常エポスカードと何が違うの!?会費取られるだけ?と思われてしまいますが、次のメリットがあります。
・マルイ株主はゴールドカードの場合年間1,000エポスポイントを貰える
・エポスポイントをANAマイルに交換するレートが1エポスポイント0.5マイルではなく0.6マイルになる
・あらかじめ登録したお店(コンビニやら公共料金やら)は3店舗まで還元率が1.5%になる。
などなど。

私が狙ったのは、一番上の株主優待です。通常エポスカードですと株主優待として1,000エポスポイントなのですが、ゴールドカードだと2,000エポスポイントになります。還元率については、冷静に計算しますと、登録したお店で10,000円買物→150エポスポイント→ANAマイルに0.6倍で交換→90マイル。そうなのです。ANAマイルだけに着目すると、エポスゴールドの還元率は0.9%で、やはりANA VISA ゴールドカードに負けてしまうのです。ただし、auWALLETポイントなど現金に限りなく近い交換ルートもあるので、シンプルに還元率1.5%のカードと評価することも可能です。ANAマイル交換レート0.9%というのも悪くはないですしね。

あとは会費の部分ですね。1,000ポイント貰えても会費5,000円じゃ割に合わないですよね。実はエポスカードは、年間50万円決済すると、永年会費無料のゴールドカード招待が届くという仕掛けがあるのです。あるのです、という噂は聞いていたのですが、実際インビテーション(招待)を受け取ったので事実であることを確認しました。

これで私もエポスゴールドカード会員。マルイ株も長期保有することにします。
あ、それと私のクレカポートフォリオのエポスカードを育成中からマルイ専用にステータスを更新しなきゃですね。マルイを登録すると還元率は1.5%からさらに上積みがあり2%となるからです。

ではでは。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0