So-net無料ブログ作成
検索選択

【実録】ジュニアNISAで上場EM債(1566)と上場Aリート(1555)を買付 [日本株]

skif.jpg

1月に投資関連で衝撃を受けたことがあります。

私自身が色々こねくり回しながら出した投資利益率を、子供の口座で放ったらかしにしていた投資信託の投資利益率が上回ったのです。

まあ、金額の母数も違いますし、ちょうど昨年は後半に怒涛のトランプラリーというボーナスステージもあったので、放置の方が良いとも一概には言えませんが、それでも凄いですよね。おそるべしETF商品です。そんな恩恵を受けたのが世界経済インデックスファンド(株式シフト型)でして、ジュニアNISAは毎月一定金額を積み立てて放置していました。

世界経済インデックスファンドとはなんぞや?といいますと、世界中の株式市場で、ちょびっとずつ主要な会社の株に投資する、という商品です。要はこれを買っておくと、日本経済が急に悪くなっても、世界の他の国が堅調だと大損をせずに済むという商品でして、最近はデータ分析の精度が高くなっているのか、この類の商品が最もパフォーマンスが良い、という時代になっております。

で、いったん利益確定しまして、残ったNISA枠で上場インデックスファンド豪州リート(1555)と、上場インデックスファンド新興国債券(1566)を買いました。前述の世界経済インデックスファンドは引き続き積み立てします。上場インデックスファンド豪州リートは、オーストラリアの不動産商品です。オセアニア市場は、日本やアメリカの経済と独立した動きをするので、リスク分散ということで買いました。上場インデックスファンド新興国債券は、その名の通り新興国の債券を中心にした商品です。新興国、債券ということで、これはちょっとした博打ですね。滑るときは豪快に損するかもです。

ジュニアNISAは、あまりこまめにメンテする時間もないので、なるべく放置しておけるポートフォリオを狙っています。

ではでは。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。