So-net無料ブログ作成

せっかくSirocaのコーヒーメーカーを買ったので、自宅で豆を挽いてみました [雑談]

先日KDDIの株主優待を使ってSirocaのコーヒーメーカーを購入しました。このコーヒーメーカーには、コーヒーを豆の状態でぶち込んでボタンを押すと、ゴリゴリ豆を挽いてくれて、挽き立ての豆でドリップコーヒーを淹れてくれるという非常に魅力的な機能があります。普段、コーヒーはスタバで挽いて貰ったものを購入して、ペーパーフィルターを使ってドリップコーヒーを淹れているので、自宅で豆挽きという行為は人生初めての体験です。

今回スターバックスで、「半分は豆のまま、半分は挽いてください」と店員さんにお願いしてみたところ快く対応してくれました。スターバックスではそもそもフレキシブルに豆の購入は対応してくれるみたいです。
sbdivided.JPG
こんな具合に、2つに分けてくれました。

で、早速Sirocaコーヒーメーカーの実力を試してみました。使い方は簡単で、豆から挽くときは豆マークにダイヤルを合わせてからスタートボタンを押すだけ。ゴリゴリゴリゴリと、騒音を出しながら豆を粉砕してくれます。これ、かなりうるさいです。お味の方は、さすが挽きたて、香りも良くて大変おいしいコーヒーでした。
Sirocaのコーヒーメーカーは、他の人のブログなどのレビューにも書かれていますが、使った後の洗浄が面倒くさいです。もう少し何とかならんのでしょうかね?何も気にせずドリップ後のコーヒー粉をシンクに流してしまえば、さほど面倒でもないのですが、大量の粉を水道管にぶちまけるのはやはりちょっと気が引けます。というわけで私は、キッチンペーパーで粉を拭ってから機械を洗っています。他のユーザーの洗浄方法も聞いてみたいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

【実録】ANA(9202)から株主優待と配当金が届きました [株主優待]

ana201705.JPG

2017年7月7日の7時です。そんなゾロ目なブログエントリーに相応しく、ANAの株主優待と配当金についての紹介です。
ANAマイラーとしては必需品、というわけでもないですが、ANAの株主優待が届きました。運賃50%割引になるチケットと言いますか正式には優待番号というコード番号です。それから、今年の2月に初めて利用したANAツアーの割引券などが含まれる割引クーポン帳です。私はANAの株を4,000保有しているので優待券を4枚とクーポン帳を1冊いただきました。優待券は毎年重宝しています。
そして、配当金は1株6円なので24,000円です。特定預かりなので、各種税金を控除されまして19,125円が証券会社の口座に振り込まれました。配当利回りは1.5%位でして、そんなに高くはありませんが、株主優待が充実しているのでまずまず満足しています。

それから、今年の9月27日からANAの株式の売買単位が現在の1,000株単位から100株単位に変更となります。とはいえANAの場合は売買単位を変更し、かつ株式併合をするので、特段株価に対しても、我々がANA株を購入する際にも何の影響も無いです。じゃあ何の意味があるの?という話ですが、これは日本の株式市場で売買される株を、すべて100株単位、そして購入できる価格帯も高くても数十万円で購入できるようにしましょう、という号令に応えたためです。ANAの株価は現在1株350円位なので、現状は最低購入単位が1,000株ですから35万円投資すれば株主優待券が半年に1枚もらえる権利を入手できます。9月27日からは、これが最低購入単位が100株、仮にその時の株価水準が今と変わらなければ1株3,500円位になる筈で、やっぱり35万円投資すれば株主優待が貰える、という状況になるのです。

そんなわけで、しばらくはANA株主をまったり続けようかと思っています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

【実録】ビックカメラ(3048)と日本BS放送(9414)から株主優待をいただきました [株主優待]

企業の決算発表&株主総会のシーズンがほぼ終了しました。今年も配当と株主優待を色々いただきましたので、少しずつブログでも紹介します。

まずは家電量販店の雄ビックカメラ(3048)と、そのグループ会社の日本BS放送(9414)です。
bicc207105.JPG

ビックカメラと日本BS放送の株主優待は、ビックカメラで利用可能な商品券です。ビックカメラは100株保有してますので、株主優待は8月に3,000円分(通常は1,000円分で、1年以上継続して株主の人には2,000円分、2年以上継続の株主には3,000円分がもらえます)、2月に1,000円分を貰えます。

日本BS放送の株主優待は、同じくビックカメラで利用可能な商品券です。私は100株保有しているので、8月に2,000円分(通常は1,000円分で、1年以上継続の株主には2,000円分)、2月に1,000円分を貰えます。

今回は2月の優待なので、ビックカメラから1,000円、日本BS放送から1,000円の商品券をいただきました。ちなみに両者の商品券は全く異なるものでして、ビックカメラの優待券には有効期限があります。今回いただいた優待券は平成29年11月30日が有効期限です。届いてからおよそ半年間使えるということになります。一方の日本BS放送の商品券は有効期限が無いので、こちらの方が使いやすく価値があると言えますね。配当金の利回りはビックカメラも日本BS放送も1%ちょっとなので、配当には旨味が無く優待銘柄として保有しています。私の場合、うっかりビックカメラをNISA枠で買ってしまったので近々いったん売っ払って利益確定をせねばならないのです。優待銘柄は特定預かりで買って塩漬けするのがセオリーなんですよね・・・まあ値上がりしているので良しとしますが。

というわけで、我が家には毎年7,000円分のビックカメラ商品券が届きます。例えば夫婦で100株ずつ購入すれば、毎年14,000円分のビックカメラ商品券がゲットできるわけです。この商品券でビックカメラで販売しているNETFLIXカードを買えば、なんとNETFLIXがずっと無料で楽しめるわけです。あ、適当に書き殴りましたが、これ割りといいアイデアですね。実は毎年ビックカメラ商品券の使い道に悩んでいたので。今年はNETFLIXカードにしてみよう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。